注意点の詳細情報とは

レンタルオフィスの注意点

 

 

オプションサービスの利用料金に気を付ける

月々の標準サービス利用料金の他にオプションサービスを利用している場合、オプションサービスの中には、定額制ではなく仕様状況に応じて課金されるものもあります。

このようなサービスを日々の業務の中で頻繁に使用するような場合、気を付けて管理をしていないと、レンタルオフィスの利用額が、オプションサービスの頻繁な利用によって、賃貸事務所を借りた方が割安になることも少なくありませんので、あらかじめその辺の見通しも立てて、月当たりの業務に関する経費の見積もりを検討した上で、頻繁に使用するであろうオプションサービスが標準サービスに組み込まれているレンタルオフィスを探すか、賃貸事務所にするのか、新たに人を一人雇うのか等を事業計画に沿って検討を行う必要もあるでしょう。



利用料金以上の質を備えているか事前に見極める

レンタルオフィス業界も競争が激しいこともあり、利用料金の価格を下げる競争も盛んにおこなわれているようですが、低価格だけで質を無視して利用を決定すると、これから始めるビジネスの信用を落とすことにもなりかねません。

レンタルオフィスの利用料金の価格と質は比例関係にあるのが常ですので、実情は、低価格でも利用料金以上の質を備えたレンタルオフィスを見つけるのは至難の業です。
自分の求めているレンタルオフィスの条件や顧客や取引先の信用を落とすことの無いようなサービスの質を持つレンタルオフィスを実際に見学して事前に見極めることが必須です。


標準サービスの質や利用できるOA機器にも注意する

レンタルオフィスは、オプションサービスの利用状況によって、利用額はかなり高額になってきますので、出来る限り標準サービスの範囲以内で業務をこなせればそれに越したことはありませんし、標準サービスにより多くのサービスが含まれていることは、利用者にとってもありがたいことです。

ンタルオフィス会社によっては、標準サービスで利用できる標準の商談室があまりにも質の低い商談室で、オプションサービスで利用できる質の高い商談室は、お茶出し付であったりする場合もあります。
また、標準サービスで利用できるOA機器は、あまりにも古くて業務に支障をきたす場合もあります。


この様に標準サービスの実際の質も事前に見学などをして、しっかり確かめておく必要もあります。




次の記事を読む ≫ レンタルオフィスCUBE


Home 基礎知識 症状と対策 格安オフィス比較 個室オフィス比較 時間貸しオフィス比較