サービスの情報を載せているページ

レンタルオフィスのデメリットについて

 

便利なオプションサービスの利用におけるデメリット

レンタルオフィスの料金体系は、オプションサービスにより大きく異なっていきますので、レンタルオフィス契約前に、しっかり利用するオプションサービスを厳選する必要があります。

また、標準サービスの内容もレンタルオフィス提供会社によって、まちまちな現状ですので、何が標準サービスで含まれているのかしっかり確認する必要があります。
この点を怠ると、必要のないオプションサービスまで契約してしまったり、必要なサービスが含めれていないために、外部サービスを付加で利用することになったりと、場合によっては、レンタルオフィスの利用料金が、重なるオプションサービスによって賃貸事務所を借りるのと同じくらいの額に達してしまうこともあります。


便利である一方、利用料金をしっかりと確認しなが故に、逆に高くついてしまえば、デメリットとなってしまいます。



業務スペースに関するデメリット

レンタルオフィスは、基本的に、起業したばかりの時など、人を雇う余裕もなく、一人で業務を開始する際などには最適ですが、多くの人数で仕事を行う業務形態や、急遽、人員を増加する際には、業務スペースが柔軟に対応しきれないことが殆どです。

最初から同じスペース内を利用して多くの人数で業務を遂行していく業務形態の際や、業務拡張で人員増加を行う際などは、コスト面から見ても、賃貸事務所を借りる方が、割安になってしまうようなことも少なくないようです。
業務スペースに関するデメリットが出始める頃には、賃貸事務所を借りることがメリットになってきているビジネスの成長期なのかもしれません。


立地場所によるデメリット

レンタルオフィスは、一般的に、都心主要部に立地していたり、主要駅からアクセスが良い所など、立地条件の良い一等地に立地されています。

一等地に立地していることによって、起業したての会社でも、顧客や取引先に安心感や信頼度の向上を図ることもでき、ビジネス上でもこうした要素は大きなメリットとなりますが、ネット上でビジネスを展開されている方や、会社の立地場所によるメリットを受けない業種などは、立地条件の良いレンタルオフィスの利用によって、地方に賃貸事務所を借りるよりもコストが嵩み、このことがデメリットとなる場合があります。


自分の行っているビジネスの優先条件をしっかり厳選し、条件にあった立地場所でオフィスを借りることが最良となります。




次の記事を読む ≫ サービスについて


Home 基礎知識 症状と対策 格安オフィス比較 個室オフィス比較 時間貸しオフィス比較