種類について

一般タイプの種類

 

一般タイプのレンタルオフィスについて

オフィスのワンフロアー内を区切って個室や占有スペースを作り出し、その区切った空間を複数(の他社)へ貸すこのタイプは、一般タイプと称され、レンタルオフィスの賃貸方式の中で最も多いタイプのものです。


この賃貸方式は、主に3つに大別され、自社のビルを分割して、自社で賃貸を行う方式のものや、アパート全室を貸主が丸ごと借りて、その賃貸スペースを分割して複数(の他社)へ貸しだすサブリース方式、そして、その運営を受託する運営受託方式があります。
これらの賃貸方式の運営者の違いによっても入居条件や初期コストの違いは発生します。


民間起業に運営されている一般タイプのレンタルオフィス

民間企業によって運営されている一般タイプのレンタルオフィスは、入居時の審査も大学や行政によって運営されているレンタルオフィスに比べて非常に緩く、課せられる制限もほとんどないようです。

民間企業によって運営されている一般タイプのレンタルオフィスの利用者の種類も、個人から企業までと大変幅が広く、こうした幅広い利用者のニーズに合わせて提供されるサービスやオプションサービスの幅も広いので、大変充実しています。
ただし、一般的に、レンタルオフィスの利用料金は、大学や行政によって運営されているレンタルオフィスに比べて割高の傾向にあります。


大学や行政に運営されている一般タイプのレンタルオフィス

大学や行政によって運営されている一般タイプのレンタルオフィスは、民間企業によって運営されているレンタルオフィスに比べて入居時の審査も非常に厳しく、課せられる制限も様々ですが、条件に合う場合は、レンタルオフィスの利用料金も、民間企業によって運営されているレンタルオフィスに比べて割安ですのでお得です。

行政によって運営されている一般タイプのレンタルオフィスは、ベンチャー企業の支援、地方自治体が東京への産業振興を行う為のオフィス提供支援、中小企業支援等といった施策の延長上の支援でレンタルオフィスも低料金で提供している形態が多く、大学によって運営されている一般タイプのレンタルオフィスは、新事業創出促進法の施策の延長上の支援で新規ビジネス事業主を保護し地域のビジネスプラットフォームの整備を推進するためにレンタルオフィスも低料金で提供している形態が多いようです。




関連記事を読む 》 その他タイプの種類


Home 基礎知識 症状と対策 格安オフィス比較 個室オフィス比較 時間貸しオフィス比較