コストの詳細説明

レンタルオフィスとコストについて

 

 

レンタルオフィスのイニシャルコストについて

レンタルオフィスは、敷金や礼金、保証金等もかかりませんので、賃貸事務所と比較しても、割安で低価格な初期費用で入居できるのも大きな魅力の1つです。

更に、デスクやチェアー、OA機器やインターネット回線なども既に備わっていますので、自分のパソコンを持ち込めば、すぐに業務開始を行えます。
また、高価な高機能複合コピー機もあらかじめ設置されており、使用量の分だけ課金されたり、FAX機器に関してもFAX受信代行サービスのオプションサービスを利用することによって、FAXを共有せずに済むことで機密保持もしっかりできるなど、様々な利用者のニーズに対応して多様化しているオプションサービスの利用によって、イニシャルコストの大きく抑えることも可能です。


レンタルオフィスのランニングコストについて

レンタルオフィスのランニングコストは、坪単価で検討した場合は、通常の賃貸事務所よりも比較的高くなる場合が多いようです。

それでも、レンタルオフィスの光熱費、管理費、通信費などを含む設備使用料金は、通常の賃貸事務所よりも非常に安い価格に設定されているのが現状の様です。


更に、会議室や商談室などが共有するシステムになっていますので、通常の賃貸事務所を借りる際に、これらのスペースも考慮して広めの場所を賃貸契約する必要もないので、総合的に見ても、ランニングコストも、通常の賃貸事務所を借りるより非常に低価格に抑えることができているようです。



レンタルオフィスのオプションサービスを賢く利用する

レンタルオフィスは、複数のオプションサービスを利用するにしたがって、ランニングコストも大きく異なり、利用価格も高額になっていきますので、オプションサービスを利用する際には、賃貸事務所を借りるよりも高くならない範囲で賢く利用することが必須となります。

レンタルオフィスの利用メリットには、初期費用やランニングコストが賃貸事務所を借りるよりも低価格で抑えられているということもありますので、オプションサービスを利用するにしても、人を新たに一人雇うよりも安く済むなどのメリットが伴うようなものを賢く選択するか、そのオプションサービスを利用するよりも安く済むような方法をみつけてランニングコストを抑えていくことも大切となります。




次の記事を読む ≫ 選び方


Home 基礎知識 症状と対策 格安オフィス比較 個室オフィス比較 時間貸しオフィス比較